会話を楽しむ

どのような女性と話したいのか

テレクラのサービスのシステムにおいて、男性側にとっては受け身であることです。
どのような女性から電話がかかってくるどうかがわからないのです。
これはこれでテレクラの楽しみのひとつではあるのですが、テレクラに行く目的はやはり気の合う女性と出会いたいから、またはおしゃべりをしたいからです。
テレクラを利用するのであれば、自分が出会いたい女性のイメージをつくる、また自らをリサーチすることも必要かもしれませんね。
なぜならば、テレクラの良いところ、それは出会えなかった、またはお目当てではない相手だった場合にも電話が終了すれば、次の電話がかかってくる可能性が非常に高いからです。
機会がたくさんあることから、どのような女性と出会いたいのかを考えておく必要はあります。

相手があってのもの

テレクラのシステムを考えたとき、誰から電話がかかってくるかはわからないものの、電話での会話が、その出会いの成否をすべてを決めます。
こちらが一方的に話したとしても思いは伝わりません。
また、聞くだけではこちらのことはわかりません。
怪しいこと、よくわからないことに対して、ワクワクしたり、興奮したりしません。
自分の求めるものを会話の中から引き出すことがとても重要かもしれません。
電話での出会いのツールであるテレクラにおいて、そうした情報を引き出すまたは共通の情報を共有するために、話術やコミュニケーションが重要です。
ただ、うま過ぎるまたはしゃべりすぎるのも怪しく、ひかれてしまうこともあるかもしれません。
つまりは、簡単に自己紹介できる程度の普通の会話力と聞く力があれば大丈夫だと思います。


▲先頭へ戻る