会話のポイントとは

場慣れする

見知らぬ他人と話すことは、とても緊張しますし、勇気のいることです。
もちろん、誰もが同じだと思います。
テレクラにおいても同じです。
1対1で会話するということは、電話の向こうでも同じ状況ということです。
最初からうまくしゃべったり、口説いたりできる人はほとんどいないでしょう。
電話が切れてしまったとしても、またかかってくるのがテレクラの大きな特徴です。
気にせずにどんどん話すことが重要です。
先の自分の探している女性のイメージかどうかとか、質問する内容もいくつか用意するというのも、うまく会話するには必要です。
うまく話すのは難しいとしても、怪しまれないまたは話しやすい雰囲気をつくることはできるはずです。
失敗しながら会話力を磨きましょう。

会話の中でのリサーチ

言い換えれば、テレクラとは電話を介した声だけのナンパでしょうか。
面識がなく、しかも初めてなだけに双方に緊張します。
しかし、双方ともに出会いたいという意志ははっきりとあるわけです。
でなければ、テレクラに行くこともなければ、テレクラに電話をしてくる女性もいません。
場慣れしてくれば、気軽に相手の容姿についての質問もできるようになるでしょう。
いきなりスリーサイズを聞いてしまうのは野暮ってものです。
例えれば、誰に似ているとか、スタイルであればスリムとか、ぽっちゃり型とか、イメージできるような質問を用意しておくのも会話も弾みますし、相手のイメージも掴めますよね。
やはり、テレクラといえども一般社会と同じようなマナーや常識が必要ということです。


▲先頭へ戻る