FCコンビニで学べる経営術|少ない資金で始める経営

コンビニエンスストア

看板を借りて経営

コンビニ経営について

コンビニ

小売店などのお店を開く場合に、個人で新たなお店を開くときにはお店内容の周知などに膨大なコストと労力を要するケースがある。特に、コンビニエンスストアなどの小売店においては、競争も激しく新たにお店を開く場合にはこれらとの競争になる。 このようなコンビニ開業を行う際に最適なのが、FCの活用である。FC経営では、既にブランド化されているコンビニ名を利用し、商売を始めることができる。加盟することで、そのコンビニ名で営業でき、売り上げに応じた割合などの費用を本部に支払うことで経営を行う形式になる。 FC経営を行う場合には、加盟料の支払いなどによりお店を始められることができるため、比較的容易にお店を始めることができる。

FC経営とその費用

FC経営でコンビニを始める場合には、いくつかの費用が必要になる。まずは、加盟料が必要になる。加盟料は、コンビニにより異なるが300万円程度が必要になるケースが一般的となっている。 また、毎月の売り上げなどに応じて費用を支払う必要がある。それらはコンビニにより大きく異なってくる。 これらの費用をかけてもFC経営する方が、メリットとなることがいくつかある。最も大きいのが屋号をそのまま利用できるということがある。一般的には知名度が高いコンビニがこれらの形態を行っているため、開店と同時に集客が期待できる。また、教育制度が充実している場合もあり、お店を経営する知識が少ない場合でも、バックアップを受けながら経営できる。

Copyright ©2015 FCコンビニで学べる経営術|少ない資金で始める経営 All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.